菅平高原スノーリゾート



安全にお楽しみいただくためにご理解下さい

滑走は危険であり、気象及び管理区域内外を問わずスキー場には危険が潜在します。
不測の場合、お客様に損害が起こることがあり、その損害はスキー場管理者から賠償されない事をご理解ください。

お客様には滑走の自己管理、他の滑走者への責任、危険を予測し回避する義務があり、リフト乗降時の危険、ゲレンデ移動車両との接触、気象及びゲレンデ状態による危険等、あらゆる危険があることを認識してください。

お客様はスキー場では安全のためスキー場情報及びルールに従ってください。不法行為及び迷惑行為がある場合にはスキー場からの退場、返金されないリフト券の没収を行います。また不法行為は日本の法律により日本の裁判所で裁かれることをご理解ください。

国際スキー連盟で定める「10 FIS RULES」を守って、安全なスノースポーツをお楽しみください。
FIS10RULES

【PDF版はこちら】

※いかなる理由でもリフト券の転売及び譲渡を禁止します。

菅平高原スノーリゾートで滑走されるみなさまへ

当スキー場では、皆様の安全を守るために最善の努力をしています。皆様は次のことがらをご理解の上、別に定められた「スキー場の行動規則」を守って事故のないようにご利用ください。
  1. スキー場には次のような特有の危険があることをご承知の上、これをご自分の注意により避けるようにしてください。
     (1) 雪・風・霧など、天候による危険
     (2) がけ・凸凹など、地形による危険
     (3) アイスバーン・雪崩など、雪の状態による危険
     (4) 岩石・立木など、自然の障害物による危険
     (5) リフト施設・建物・雪上車輌など、人口の障害物による危険
     (6) 他のスキーヤーとの衝突による危険
     (7) 自らの失敗による危険
  2. 当スキー場のゲレンデ外は、何の管理もしておらず滑走禁止区域となっております。ネット、ロープはゲレンデの境界や滑走禁止区域を表し、マット等は何らかの危険を示すマークであり、お客様の身を守る機能はありません。ロープ、ネットは超えないようマットには近づかないようご注意ください。これらは自然景観に配慮し最低限にとどめているため境界や危険物全てに設置しているわけではございません。滑走禁止区域かどうかわからないときは、ご自身で判断されずにスキー場スタッフにご確認いただきますようお願いいたします。またゲレンデ内であっても気象条件、イベント等により滑走を制限または禁止する場合があります。
  3. 保護者の目の届かない所でのお子様の単独行動はおやめください。
  4. 当スキー場ではスノーメイクを行っているため、日によってゲレンデのさまざまな場所に急激な雪質・形状の変化がみられる場合があります。加えてフリーライドパークなどは雪などを人工的に成形した構造物です。一般ゲレンデ以上に危険の伴うことをご理解の上「自己責任」でご利用ください。
  5. この告知および行動規則の無視・軽視による事故には責任を負いかねます。

以上のことがらを承知できない方は、このスキー場でのご滑走をお断りします。

スキー場の行動規則 

  1. 他人を傷つけたり、おびやかしたりしてはならない。
  2. 地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるために止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。
  3. 前にいる人の滑走を妨害してはならない。
  4. 追い越しするときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。
  5. 滑り出すとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。
  6. コースの中で座り込んではならない。せまいところや上から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。転んだときはすばやくコースをあけなければならない。
  7. 登るとき、歩くとき、止まるときは、コースの端を利用しなければならない。
  8. スキー等雪上遊具には、流れ止めをつけなければならない。
  9. 掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキー場パトロール・スキー関係者の指示に従わなければならない。
  10. 事故に出会ったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。